teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:6/203 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「陽光桜」

 投稿者:S・O・S  投稿日:2015年12月 4日(金)17時32分0秒
  通報 編集済
  東温市から世界に向けて平和を訴え続けた高岡正明さん。
その半生を描いた映画「陽光桜」を観ました。

戦争中、教師だった高岡さんは、戦地に向かう教え子たちを「お国のために戦ってこい」と送り出した。戦後、そのことを悔やみ自分を責め続け、世界各地で散った教え子への鎮魂と非戦の願いをこめて、寒さにも暑さにも強く、どんな土地でも花をつける丈夫な新種の桜を作ろうと決意。私財を投げ打って30年近く試行錯誤を繰り返した末に生み出した桜を「陽光桜」と名付けたのだそうです。
桜は平和のシンボル、花は人を笑顔にすると信じて、苗を無償で国内外に贈り届け、世界平和を祈り続けた高岡さん。映画では、世界平和を語り始めたら6時間も話し続けたり、総理大臣やアメリカ大統領に宛てて世界平和を訴える電報を送ったりと、滑稽なほどに真剣な姿が微笑ましく描かれています。

信念を貫いた一生を93歳で終えられたのが、今から14年前。
亡くなってすぐに起きたアメリカの同時多発テロ。その後の世界、現代は高岡さんが思い描いていた世界とは反対の方向に向かっているように思われ、残念でなりません。
高岡さんを見習い、恒久平和への希求を諦めたくないと改めて思いました。

こんな偉人が愛媛県東温市の山あいにいらしたことを教えてくれた映画「陽光桜」。
好評につき期間が延長され、今月18日まで、シネマルナティックで上映するそうです。

地元に生きた偉人を題材にミュージカルを作り続けている坊っちゃん劇場で、近い将来、取り上げてくれないかな・・・そんな期待も持ちました。

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/203 《前のページ | 次のページ》
/203